きもの 着物カテゴリの記事一覧

親子で着物

お正月に親子で着物を着ました。

娘は蝶々の付け下げに蝶々の帯。
どちらもろうけつ染めです。

私はちょっと控え目に、雪輪に蝶々柄の絵羽小紋と帯のセット、プラスさくら柄の羽織り。
これも全部ろうけつ染め。

娘とはサイズがほとんど一緒なので共有できるんです。

ようやく自分で着れるようになったところなのに、無謀にも娘にも着付けることにしました。

年末の練習ではうまくいきました。
初めて人に着せるのにこんなにうまくいって、しかも30分もかからずに。

「私って天才?」と自画自賛。

ところが・・・

いざ本番では、???

なんで?どうして?

何回やってもおはしょりがダメで、帯揚げも浮いてきて、とてもお見せできない出来…。

でも、みんなをお待たせするわけにもいかなくて妥協しました。

練習の成功はまぐれ、ビギナーズラックだったようです。

そんな出来でも、娘はご満悦、おじいちゃんおばあちゃんも喜んでくれて、久しぶりに家族みんなで集合写真を撮りました。

それにしても、人に着せるのって難しい。

私は20年近く補正下着を愛用してるので、きっちりキツめにシャキッと着たい方ですが、娘はキツいの苦手。

どのくらいの力で絞めればいいのか見当がつきません。

キツいと具合悪くなるし、緩いと崩れてくるし…。

たまに、浮いてくる帯揚げを入れながら、それでもなんとか夕食まで保ちました。

その日は温泉泊まりだったので、旅館の方にも

「親子さんでお正月にお着物、いいですねぇ。蝶々の帯がよくお似合いです」って。

娘が主役なので、娘がお褒めの言葉をいただいて、着物に理解を示してくれれば私もハッピー(^-^)

すごいスピードで着物を買い過ぎたので、ちょっと肩身が狭くて…。

まだ着てない着物(見せてない着物)が半分以上あるんです。

いずれは全部娘の物にって言ってますが、娘曰く

「私が着る頃には流行変わってるんじゃない?」

確かに・・・

着物って流行がないとか一生着れるとかって言いますが、流行はやっぱりあるみたい。

たとえば裄の長さ。
ここ何年かは長めが流行りらしいです。
10年前の本を見ると今より短いし。

あと、コートもふくらはぎまである8分丈、羽織りも長羽織。

長めに作っておけば仕立て直しはできるけど、仕立て代がかかる…。

柄や色の流行もあるみたいだし(だって親の成人式の着物を娘が着たらなんとなくレトロ)。

やっぱり着物は高価なものです。

でもその分、着た時には特別な気分を味わえるんですね。

この先、着こなしてはいきたいけど、気持ち的にはいつも新鮮な気持ちで着ていきたいな・・・

きもの 着物

着物は高価なものなのになかなか着る機会もなく、しかも着物着付けへ行かないと着れないわけだから、着物レンタルとかリサイクル着物とか着物古着でいいかと思っていました。

母が持っているアンティーク着物を見ても、京都きものを見てもピンとこないし・・・

京都着物着物柄着物髪型はいいなとは思っていましたが、着物をちゃんと考えたのは子供の七五三着物を選んだ時以来かもしれません。

自分が興味がなかったもんですから、きもの市場が大きなものだとも知りませんでしたし、せいぜい本場の京都きもの市場がそこそこなんだろうと思うくらい。

それから、きもの着物帯襦袢やその他小物も必要で、洗える着物があることも知らなかったので、無意識に着物は「めんどくさい」が頭の中にありました。

そもそも、着物に関して知っている言葉というと「京都きもの友禅」「大島紬」「着物着付け教室」くらいでしたから。

着物仕立て着物リメイク着物ヘア男着物着物買取正月着物着物クリーニング・・・ なんにも知りませんでした。

さすがに成人式着物については知っていましたが。

そんな私が今やすっかり着物にハマっています。

困ったほどに・・・


最近、ファッションに敏感な若い子が夏になると浴衣をきていますね。

雑誌の特集でも「ビキニと浴衣」などと、「大人」世代にはどうみてもミスマッチとしか思えないようなものでも、それが「おしゃれ」な感覚なのでしょう・・・

倖田來未松田聖子といった芸能人がデザインした浴衣が出ていることからも、ファッションとしての浴衣の人気があることがわかります。

そんな世代の娘を持つ私ですが、去年の夏、娘に影響されて20年振りに浴衣を買いました・・・。

今考えると、浴衣を選ぶところから、すでに着物にハマりつつあったのかもしれません。

そして、滅多に誉めない友達に「とても似合ってる」と言ってもらえたことも拍車がかかった理由のひとつかも・・・


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。