参考資料 丸帯

丸帯(まるおび)とは日本で使われる女帯の一種。

幅の広い(約68センチ)一枚の布地を半分に折って仕立てたもの。 礼装用に用いるが、帆布の帯芯を入れて布を折りたたむため重くて扱いにくく、現在はほとんど廃れて、芸者、舞妓、等の花柳界や、婚礼衣装ぐらいにしか使われない。


<ウィキペディアより>
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。