参考資料 友禅

友禅(ゆうぜん)とは、布に模様を染める技法のひとつ。

本来でんぷん質(米製)の防染剤を用いる手書きの染色を友禅と呼ぶが、現在は型染めや友禅を模した模様をプリントしたものも友禅と言う名称で販売されていることが多い。日本の最も代表的な染色法である。

名称は創始者である江戸時代の扇絵師・宮崎友禅斎から名づけられたといわれ、彼の創始した京友禅の技法を本人が加賀藩(現在の石川県)の城下町金沢に持ち込んで独自の発展を遂げたものを加賀友禅という。 明治時代には、広瀬治助が捺染の技法を用いた「型紙友禅」を考案し、友禅染の裾野を広げた。

一つの布の面に世界の染色の中でも類を見ないほどの多彩な色彩を使い、「友禅模様」と呼ばれる曲線的で簡略化された動植物、器物、風景などの文様を描き出すのが特徴。考案者が絵師であったこともあって、当時は日本画の顔料として使われる青黛や艶紅などを柄の彩色に使用した。(日本の絵の具)1856年に発見された化学染料の発達によって模様の彩色は多岐に発達し、普通は単独で十分に衣装を装飾するが振袖などの特に晴れがましい衣装の場合は鹿の子絞りや刺繍、金彩などを併用することもある。


<ウィキペディアより>



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 加賀友禅加賀友禅(かがゆうぜん)とは、京友禅の創始者宮崎友禅斎が、金沢市|金沢に移住した後、気候風土に合わせて改良確立した染物の技法と、その作品である。柄は、図案調の京友禅に対して草、花、鳥等の絵画調..
Weblog: 工芸について説明いろいろ
Tracked: 2007-10-12 09:01


Excerpt: 顔料顔料(がんりょう)は、着色に用いられる色材(しきざい:色の材料の意)のうち水や油に溶解しないもの。水や油に溶けるものは染料と呼ばれる。顔料の種類 顔料にはその成分から、無機顔料と有機顔料の2種類に..
Weblog: 化学物質いろいろ
Tracked: 2007-10-16 08:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。