呉服屋さん

行きつけの呉服屋さんで勧められるままに何枚か買った頃、ふと立ち寄った別の呉服屋さんで衝撃を受けました。

安いんです!

しかも展示会でもないのに商品がいっぱい。

寿光織り天蚕糸丸帯大島紬、作家物の付け下げ、夏物、スワトー刺繍、絞りの浴衣…。

うれしくなってあれもこれもと着せてもらいました。

あててみるだけで、それを着た自分をイメージしてしまうんです。

やっぱり着物って洋服にはない、何か特別な晴れ着って感じがします。

そして、それを着た私もまた「特別な私」に変身してしまうんですね。

こうして、昼間は呉服屋さんで実践、夜はネットや本で知識の吸収、という日々を確立していきました。

一つ知る毎にうれしくてたまらないんです。

もっと知りたくなるんです。

たとえば名古屋帯袋帯は何センチ違うのか、単衣の微妙な季節、帯揚げ、帯締めは季節の先取りOK、明石縮みは絹で小千谷縮みは麻、麻には麻の長襦袢…等々。

そして織物の産地は京都、沖縄、新潟の順だという事もわかりました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58518903
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。